ホーム  |  製品 & サービス   |  サポート & ダウンロード  |  開発者向け情報  |  お問い合わせ
人生に地図はない
sysroot と build-sysroot

gcc コンパイル時の --with-sysroot と --with-build-sysroot の違い

未確認情報

--with-build-sysroot の目的は、--prefix でコンフィギュアした違う場所にすでに自分用の sysroot をインストールしていた場合のものです。例えば --prefix=/opt/somewhere とコンフィギュアされ、最終的な toolchain の場所がそこにコンフィギュアされるであるとし、しかしすでに sysroot を /scratch/somewhere にすでにインストールしてあり、それはビルドの為の足がかりのロケーションであり、そして make install prefix=/scratch/somewhere でインストールするようなケース。

The purpose of --with-build-sysroot is if you have installed your sysroot in a different location from the configured --prefix. For example, you have configured with --prefix=/opt/somewhere, the final location the toolchain will be configured for, but have installed the sysroot under /scratch/somewhere, a staging location used in the build, and will be installing with 'make install prefix=/scratch/somewhere'.